すきにいきる

今日も元気にうろうろ。

病院よりインターネッツに頼りがちなアナタへ〜ピル編〜

こんばんわんわん。

突然ですが皆さん体調悪いときはどうしますか。

私はまず「○○ 痛み」とかで検索して、実は重い病気なんじゃ…と余計な心労を増やします。

「余計な」って分かっているのにやめられないのです。

 

というわけで、体調が悪いときにインターネッツに頼ってしまうどこかの誰かのために、初めての時は結構足踏みしてしまいがちな病院・お薬体験記を書いておこうと思います。

このブログがいつかどなたかの検索に引っかかってお役に立つことを祈ります。

 

今回はピル編です。

当然ながらあくまで個人的な記録であり、導入を検討する人はきちんとお医者さんに相談してね!

 

ピル導入のその前に…婦人科通院歴

昔から生理不順で5年位定期的に婦人科通っています。

高温期のホルモンがあまり出てないとか多嚢胞性卵巣とか経過観察中の子宮筋腫とか(うろ覚え)。

 

もうピルにしよ!!と思ったキッカケ

去年の春からPMSのメンタル面への影響が大きすぎて希死念慮が現れてました。

ただ同時期に別途仕事のストレスも大きかったのでどちらが原因か判別できず…とりあえず婦人科心療内科両方へ相談して、心療内科で様子見ることにしました。

が、今度は生理自体の周期がめっちゃ長くなり、めっちゃ重くなり、今までなかったのに貧血気味になったり、薬を何回も飲んだり…。

量もすごく増えました。一番多いときだと2時間もたなかったかったです。

あとは抗うつ薬飲んでいても周期的なメンタルの落ち込みはなくならなかったので、ピルもPMSに効くと聞いて後押しになりました。

 

いざ診察

初めて婦人科行くときってちょっとドキドキするよね!

私は大学生のときに初めて行ったら思ったより妊婦さんが多くて場違い感に小さくなりながら待合室にいた思い出があるよ!

最初は内診とか抵抗あったんですけど、どこの先生も作業感あふれる雰囲気でやってくれるし慣れてきました。

 

…話が逸れました。

ピル処方希望を伝えると、先生と問診して薬を選んでもらい、「2ヶ月のんでみて超音波検査しましょう」と言われ、細かい飲み方の説明は別途看護師さんから受けました。

あとは薬局行って終わり。

この日は合計8千円かかったかな…巷では 「ピルは高い」って言われてますが、私は「月4千円でアレやコレやがなくなるなら安くない!?」という感覚。

 

毎日飲まないといけません

忘れっぽいので携帯のアラーム機能を使いました。

 

飲み始めてみて

慣れるまでは軽い吐き気・頭痛・軽度の出血があるとのことで、どれもちょっとずつ発症しましたが日常生活への影響はほぼ無しでした。

吐き気と言っても食欲が落ちるほどではなく、食べすぎたわけでもないのに食事の後に若干気持ち悪い程度でした。

出血もありましたがパンティーライナーで十分な量だったので問題なし。

 

1ヶ月飲んでみて

PMS(メンタル)はゼロにはなりませんでした。

ちょうどマイスウィート氏が来てたので宥めてもらったんですけど(ノロケ)、それでも収まらなくて自分の腕に爪立てて我慢してました。

(これ武器使ってないけど自傷やん…)

一晩で治ったのでまぁ許容範囲ですね。

ただ生理はものすごく楽になりました。日付が決まってるってこんなに気楽なんだなと。

あとは生理痛もほぼ無し。お腹にカイロだけ貼って乗り切りました。

量は多くもなく少なくもなく。

ちょっと話がズレますが最近タンポン使い始めて夜がものすごく快適になったのでオススメしたい。

 

2ヶ月目に突入

特に飲み忘れもなく、多少はメンタルの低空飛行はあるもののつつがない毎日を送りました。

途中で健康診断があって飲食禁止だったときは、いつも朝飲んでるのを昼にずらしましたが特段影響なかったです。

 

2ヶ月飲んだところで検診

超音波検査をして特に問題なかったので、また2ヶ月分もらって帰りました。今回は薬局行かなくても貰えて楽でした。

次回は診察無しでもらえるとこのこと。更に楽だ!

 

そして3ヶ月目

これを書いてる時点で3ヶ月に入ったところで、ピル始めて2回目の生理が終わりそうです。

今回も特記事項なし、痛み止めなしで過ごしました。量も普通。

 

今後の予定

今のところこのまま一生使い続けたい気分です。妊娠を考えるときだけ中断かな…。

 

 

カウンセラーの先生にピルを始めた話をしたら「良いですね〜ピルは女性のQOLを高めてくれる薬ですから。」と言われて「それな!!!」と思いました。

もうちょっと気軽にアクセスできても良いなと思う反面、定期的に検診してモニタリングはしたいなとも思います。

 

あとは婦人科選びって大事だなと思います。

結構ぶっちゃけた話をしないといけないので信頼できる先生を探しましょう。

検索サイトなんかだとわざわざ女性医師を探せたりしますが私は男性医師のほうが合いました。

個人的に女性婦人科医はサバサバしすぎて怖いイメージ、男性婦人科医は親身になりつつ一歩引いてくれてるイメージです。

 

そ何かあったら続きを書こうと思います。「今回はピル編」とか書いてしまったので別の話もあるんか、って感じですよね。

カウンセリング編が案としてありますので気が向いたら書きます…。

 

今回も読んでくださってありがとうございました。

ではまた。